My profile

ご訪問、ありがとうございます。


2010年8月 長男とサイパンのラウラウビーチにて

横井 常夫
Tsuneo Yokoi
1958年1月5日生
名古屋市の公立中学校勤務
 サイパンとダイビングと写真
 1991年に、サイパンにてダイビングのライセンスを取得し、その時のインストラクターのマサさんの独立に伴い、現在はマサダイブで潜っています。師匠のマサさんと同じく、とにかくグロットで潜ることが大好きです。

 タンク本数は700本を超え、サイパンで600本以上、その中で半分近くは、グロットで潜っています。ですから、私の中では「ダイビング=サイパン=グロット」という思いがあります。長男が生まれる前は、年間70本程度潜っていましたが、現在では年間10本程度しか潜っていません。
 NAUIのマスタースクーバを持っていますが、海では失敗ばかりしています。
 
 講習が終わった直後から「潜るんです」を持っていたほど写真が好きなのですが、なかなかうまくなりません。
 水中用の撮影機材は、2012年に完全にデジタルに移行しました。それまでは、長年ディルフィナスハウジングを2台使っていましたが、2010年からEOS kissをイノンのハウジングに入れたものを2台、ワイドとマクロ用に使い始めました。その他ニコノスを持っていますが、防湿庫に眠っています。コンパクトデジカメは、LUMIX TZ10 や TZ20を水中でも使っています。このホームページでは、マクロ系の写真が多いと思いますが、決して「マクロ派」ではないと思っています。
 私の写真のモットーは「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ですが、これがなかなか当たらずに、毎回ゴミ箱を一杯にしていましたが、デジタル化に伴い、コンピューターのゴミ箱で済むようになりました。

 1997年3月に結婚し、サイパンへの新婚旅行で妻もダイバーになりました。1997年8月には、マサさんのお骨折りで結婚式もサイパンで挙げました。妻が撮影した写真もご覧ください。また、2000年11月に生まれた長男は、サイパン(彩帆)にちなんで「彩人」と命名しました。今では、一緒に潜ることができるようになりました。


 このページを開設するにあたり以下の方々に深く感謝します。
  マサダイブのスタッフのみなさん
    いつも素敵なガイドをしてくれるマサダイブのマサさん
    海でも陸でもいろいろと気を遣ってくれるスタッフのたっきい
    楽しい時間をいっぱい作ってくれた元スタッフのアユミちゃんと、加賀ファミリーの皆さん
    わがままを精一杯聞いてくれた、元スタッフのフジオさん

  サイパンへ行くたびに良くしてくださる、他のダイビングショップのみなさん
    マーメイドの城島さん

  彩人のシュノーケリングの面倒をみてくださった、元ヤシダイブの清水さん

  ねえさん始め、マサダイブで一緒に潜ってくださる方々。

 みなさん、本当にありがとうございます。

 このホームページのインデックスページは http://homepage1.nifty.com/grotto/ です。


 撮影機材  

 私の所有するカメラ機材と、過去に使用した機材をご紹介します。
 取り消し線のものは現在は所有していないもの、細字のものは防湿庫で眠っているものです。

カメラ本体
CANON EOS5  1995年に購入以来、水中用のメインカメラでした。ニコノスからハウジングに替える時に、当時のオートフォーカス性能がニコンより優れていたので、このカメラにしました。1997年に水没し、2台目を使用していました。2009年を最後に水中用としては使わなくなりました。現在は防湿庫で眠っています。
CANON new EOS kiss  1998年に順子用に買いましたが、マクロ用に私も愛用していました。ハウジングを交換しましたので、このカメラを水中で使用することはなくなりました。防湿庫が手狭になったこともあり、アユミちゃんに使っていただくことにしました。
CANON EOS kiss lll L  2003年に2台購入しました。1台は順子のハウジングの変更により、もう1台は、スキューバプロのハウジングを落札した時に、そのハウジングを new EOS kiss 用に改造するつもりだったのですが、ハウジングの改造より、カメラを買った方が安くつきそうなので購入しました。2010年から、2台とも水中用のメイン機となりました。
 2011年に1台がサイパンで水没しましたが、滞在中に日本で中古を買ってきてもらいました。
 2012年からは、2台とも防湿庫で眠ることになります。
CANON EOS-1V HS  2001年に購入した陸上専用カメラです。このホームページでは、「Land photo」のページで使用しています。さすがに、CANONのフラッグシップ機で、堅牢さは群を抜いていると思います。陸上写真は、ほとんどがこのカメラでの撮影でしたが、2008年にEOS-1Ds3を買ってから出番がなくなっています。現在は、防湿庫で眠っていますが、いずれはリバーサル専用機として復活させたいと思っています。
CANON EOS 20D  2004年末に、迷ったあげくに購入した一眼レフデジカメです。コンパクトデジカメのタイムラグに嫌気がさして陸上用のサブカメラとして使っていました。秒間5コマの撮影ができるので、水族館でイルカやシャチの連続撮影を楽しみましたが、1Vに比べて、あまりにも使用頻度が低いので、2007年に友人に買ってもらいました。
CANON EOS-1Ds marklll  2008年2月に購入しました。フィルムをスキャンしてデジタル化しても思った色をなかなか出せないので、メインカメラを1Vから切り替えようと思いました。一眼デジタルカメラは20Dで懲りたのですが、今度は満足して使っています。
 6Dを買ってから、重さと高感度耐性から出番が徐々に減ってきています。
CANON EOS 6D  2013年7月に購入しました。EOS MOVIE を撮りたくて買いました。高感度ISOでもノイズが少なく、1Ds marklllよりも軽いので、カメラとしても出番が増えてきています。
CANON EOS Kiss X4  2010年6月に、彩人用に買いました。コンパクトデジカメを使いながら、「連射がしたい」と常々言っていたので、思い切って使わせてみることにしました。ネオ一眼と呼ばれる、コンパクトデジカメと迷いましたが、いずれは一眼を買うことになると思い、さんざん店で試し撮りをさせた上でこれにしました。
 2014年に、EOS 70Dを購入し、友人に譲りました。
OLYMPUS
PEN Lite E-PL3
 2012年に、水中写真もデジタルに完全移行を決断し、あれこれ迷った末に、この機種にしました。オートフォーカスも思ったより速く、使い心地は悪くありません。水中モードも、便利です。
OLYMPUS
PEN mini E-PM2
 2013年に、彩人が「未来に残したい海」第2回・子どもフォトコンテストの副賞でいただきました。彩人は、EOSを使っているので、葵奈の物になりました。連射を楽しんで喜んで使っています。
NIKON NIKONOS-V  初代のニコノスは、1993年から1995年まで使用し、マサさんに引き取ってもらいました。現在は2002年の冬に購入した2代目のものがあります。
 これも、防湿庫で眠り続けています。
PENTAX ESPIO
 115M
 1997年に購入した陸上用のコンパクトカメラです。EOS-1Vの購入で出番は少なくなりましたが、荷物を少なくしたい時などに使っていましたが、CONTAXを購入したことと、デジカメを使うことが多く、これも、防湿庫で眠り続けています。
CONTAX T3  2005年に購入した、フィルム用のコンパクトカメラです。ESPIOで写した写真の出来上がりに満足できず、評判の良いカメラを探しこのカメラに決めました。生産中止が決まったところでしたので、慌てて購入しました。単焦点の不便さはありますが、写りの良さには満足しています。これも、防湿庫で眠っていますが、多分、他の銀塩カメラを処分しても、最後まで手元に残ると思います。
OLIMPUS C-4040  2002年に順子のホームページを作るのに買ったデジカメです。仕事でカメラを使うときは、このカメラがメインとなっていましたが、20Dの購入で、出番が減ってきました。水中用のハウジングも買いましたが、水中での使用機会は、あまりありません。結局、2007年に廃棄となりました。
IXY DIGITAL 800 IS  2006年に、順子が手軽に写すためのデジカメとして購入しました。C-4040に比べると、シャッタータイムラグなどが大幅に改善され、格段に使いやすいカメラです。プールやシュノーケリングでの撮影などに使っていましたが、G10を購入し機材整理のために手放しました。
Fuji FinePix F31fd  我が家の3台目のコンパクトデジカメです。2007年に彩人用に買いました。800ISを買った時に、とても評判の良いカメラでどちらを買うか迷ったF30の後継機種ですが、この機種も値段も安くなったので購入しました。ストロボ発光禁止の水族館でISO感度が3200まで上げることができるのは有効だと思います。
 2009年に、PowerShot G10 を買うことにしたので、甥っ子に譲りました。
PowerShot SX100 IS  2008年に買った彩人用の2台目のデジカメです。FinePix F31fdではズームが足りないので、乾電池とSDカードが使えるこの機種にしましたが、写りはF31fdの方が良いと思いますが、手軽に使えるデジカメとしては優秀な機種です。
 2010年に彩人に EOS Kiss X4 を買ってからは、葵奈のものになりました。TZ30の購入で、防湿庫で眠っていましたが、2014年に人に譲りました。
PowerShot G10  2009年に、ウォータープルーフケースと共に買いました。EOS-1Ds のサブカメラとしても RAW 撮影ができる点では使えると思います。他メーカーのズーム機能や動画機能が充実した物もありましたが、外付けストロボなどのCANONアクセサリーが使えることは、私にとっては大きなアドバンテージでした。
 旅行などでは、もっぱら食事の時のお供になっていますし、機材を軽くしたい時などは、メインカメラとして十分に使えました。
 2014年にウォータープルーフケースと共に、マサさんのストロボと物々交換しました。
PowerShot G15  2013年4月に、ウォータープルーフケースと共に買いました。メインは、彩人の水中用です。EOS-1Ds や6Dのサブカメラとしても RAW 撮影ができる点では使えます。サイパン旅行中はG10と併用することになりますが、今後は、こちらがサブカメラになると思います。
LUMIX DMC-TZ10  2010年に、水中の動画を撮りたくて買いました。陸上用のコンパクトデジカメは、PowerShot G10で満足していますが、動画性能が今一つなのと、大きさが少し大きいので、手軽に陸上でも使える物として選びました。SONYの製品の方が、評判は良かったのですが、ハウジングが出ていないので、こちらにしました。 使ってみて、動画やコンバージョンレンズなど、いろいろと遊べそうなカメラです。
 2011年からは、彩人の水中用のカメラとなっていましたが、PowerShot G15の購入で、友人にプレゼントしました。
LUMIX DMC-TZ20  2011年に、TZ10は彩人用にするために、新たに購入しました。陸上では、順子が仕事などで使えばと考えて、初めて赤色のデジカメにしました。
 現在、ブログなどに使う写真の多くは、このカメラで撮っています。
LUMIX DMC-TZ30  2013年元旦に、葵奈の水陸両用カメラとしてウォータープルーフケースと共に買いました。葵奈が初めて自分のカメラとして買ってやりました。色々な物を写しては楽しんでいます。
 OLYMPUS PEN mini E-PM2が手に入ってから、水中専用になっています。
PENTAX MZ10  1998年にDIVのハウジングが当たった時に買いましたが、ほとんど水中で使うことのないままあえなく水没。DIVの補償で、new EOS kissに買い替えました。
FUJI レンズ付きフィルム  カメラとは言えないかもしれませんが、1991年にダイビングのライセンスを取ってから、1993年にニコノスを購入するまで使っていました。当時で、フィルム1本分が1000円しました。

レンズ
 CANON EOS 用レンズ
 
CANON EF28-105mm
 F3.5-4.5 USM
 EOS5とセットで購入したレンズです。最初は、これ1本で撮っていましたが、マクロやワイドに移行していきました。順子が写真を始めた頃は、常用レンズでしたが、最近は全く出番がありません。このレンズも1997年の水没で、2本目のレンズです。
 現在は、全く出番がありません。
CANON EF16-35mm
 F2.8 USM
 最初は、水中に持ち込むこともありましたが、水没のことを考えると、あまりに高価なレンズですので、専ら陸上で使っています。旅行などで風景を撮るには便利ですが、最近は単焦点の方がおもしろくて、あまり出番がありません。
CANON EF24-70mm
 F2.8 USM
 発売と同時に購入しました。標準ズームとしては、上に書いた28-105mmがありますが、Lレンズの魅力にはまってしまうと、なくてはならない1本です。陸上用に使っています。
CANON EF70-200mm
 F4 USM
 EOS-1Vと同時に購入しました。F2.8とどちらを購入するか迷いましたが、軽いのと、最短撮影距離が短いのでこちらにしました。旅行には必ず持って行く1本です。
EF24-105mm
 F4 IS USM
 EOS 6Dのキットレンズです。EF24-70mmでは少し望遠側の不足を感じていましたので、便利に使っています。
 最近では、EF24-70mmよりも出番が多くあります。
CANON EF100-400mm
 F4.5-5.6L IS USM
 保育園の行事などで、200mmでは不足を感じて購入した望遠ズームレンズです。現在では、学校行事では必ず使うレンズです。外での撮影なら、400mmでもIS(手ぶれ補正)のおかげで手持ちでも何とか使うことができるようです。
CANON EF300mm
 F2.8L IS USM
 2008年にオークションで中古を購入しました。以前から憧れていたレンズです。単焦点の切れ味は、100-400mmとは一味違います。重いレンズですが、車での旅行には必ず持って行っています。
CANON EF85mm
 F1.2L USM
 50mmのf/1.4が室内でもノーストロボで使えることを知ってから、どうしても欲しくて、ヤフーのオークションで新品を手に入れました。知り合いのカメラマンに「何を撮るの」と聞かれてしまうレンズですが、被写体は今のところは子供たちしかありません。このレンズの強烈なボケは十分に自己満足できます。
CANON EF14mm
 F2.8L USM
 CANONの純正レンズの中では、最も広角な画角を持つレンズです。16-35mmを持っていますが、広角側2mmの差に惹かれて、オークションで中古を購入しました。
CANON TS-E24mm
 
F3.5
 広角アオリレンズです。旅行に行った時などに、寺院などの建物を写すのに使ってみたくてヤフーのオークションで入手しました。ピント合わせもマニュアルの特殊なレンズなので、使い方は限られますが、おもしろいレンズです。
CANON EF20mm
 F2.8 USM
 順子の水中でのワイド用に、オークションで中古を購入しました。陸上用としては、16-35mmと画角がかぶりますが、単焦点レンズの楽しみは感じさせてくれます。
CANON EF50mm
 F1.4 USM
 いわゆる標準レンズです。明るいレンズですので、明るい室内ならストロボなしで写すことができます。24-70mmレンズを買ってから出番は少なくなりましたが、単体レンズの描写力は、ズームレンズとは比べ物になりません。最近では、体力の衰えと共に、出番が増えてきました。
CANON EF35mm
 F2
 常用の24-70mmや16-35mmと画角がかぶりますが、東京への旅行を前に、広角系の単焦点レンズが欲しくて2010年に買いました。旅行に持って行くには軽くて使い勝手がとても良いレンズです。
 彩人が水族館での撮影など、明るいレンズを使いたい時にも標準レンズとして使えます。
CANON EF15mm
 F2.8 フィッシュアイ
 ラウラウビーチでアジの群れが出たときに買ったレンズです。このレンズが、マクロレンズと共に、水中での常用レンズとなっていました。
 サイパン滞在中は、ハウジングにセットしたままになっていて、陸上で使うことがめったにできませんでしたが、これからは、このレンズを使っての風景写真を撮りたいと考えています。
CANON EF100mm
 F2.8 Macro
 マクロポートをジャンクで手に入れてから、購入しました。当初はオートフォーカスで写していましたが、最近はマニュアルでピントを合わせることがほとんどです。15mmフィッシュアイレンズと並んで、水中での常用レンズでしたが、同じ焦点距離のマクロレンズを2本持っていても仕方がないので、友人に譲りました。
CANON EF100mm
 F2.8 Macro USM
 USMが付いて、オートフォーカスも早くなったので、順子用に購入しました。私ももう1本の100mmマクロを手放してからは、こちらのレンズを使っています。INONのハウジングにしてからは、順子も私もマニュアルフォーカスで使っていました。
 2011年にサイパンで水没しましたが、滞在中に日本で新しいものを買ってきてもらい、2代目を使っています。デジタル化に伴って、水中での出番はなくなりましたが、ポートレートレンズとして使っていくつもりです。
CANON EF50mm
 F2.5 Compact Macro
 ヤフーのオークションで入手しました。スクーバプロのハウジングで使おうと思っていましたが、花を写すぐらいしか出番がありませんでした。現在は、彩人用のマクロレンズとなっています。
CANON EF-S18-55mm 
 F3.5-5.6 IS
 彩人用のEOS Kiss X4 のダブルズームセットの標準ズームレンズです。
 2014年に、EOS Kiss X4と一緒に友人に譲りました。
CANON EF-S55-250mm 
 F4-5.6 IS
 彩人用のEOS Kiss X4 のダブルズームセットの望遠ズームレンズです。
 2014年に、EOS Kiss X4と一緒に友人に譲りました。
CANON EF-S18-135mm
 F3.5-5.6 IS STM
 2014年に購入した、彩人用のEOS 70Dのキットレンズの標準ズームレンズです。
TAMRON
 SP 150-600mm
  F/5-6.3 Di VC US
D
 彩人が鳥を撮るために、高倍率のコンパクトデジカメと迷って、レンズなら将来も使えると考えて2013年末に発売と同時に購入しました。
 ほとんどのレンズが、発売から時間が経過し、値段も下がってから購入した物ですが、購入時点では600mmの焦点距離を持つ安価なレンズは、このレンズだけですので、迷わず発売前に予約をしました。
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD  2014年に購入した、彩人用望遠ズームレンズです。フルサイズのカメラでも使うことができます。
 TAMRON SP 150-600mmを持ち出すのが重い時に使っています。
CANON
Extender EF1.4×II
 1.4倍にしかなりませんが、一段分、暗くなるだけなので、使いやすいエクステンダーです。300mmの購入で、出番が増えています。
SIGMA 24mm
 F2.8 SUPER WIDE ll
 ディルフィナスのハウジングで、ポートを替えずにそのまま使えるレンズです。現在は、順子のワイド用のレンズとして使っていましたが、INONのハウジングに変えてからはポートがないために、防湿庫で眠っています。
 EOS 20D では、このレンズは使えませんでしたが、1Dsでは使うことができます。
Tokina NEW
AT-X 270AF PRO
 EOS 20D 用の常用レンズした。現行のTokinaのf/2.8よりもレンズも作りも良いという評判で、ヤフーオークションに出品されているのを見つけて購入しました。EF24-70mmLとほぼ同じ画角のレンズですが、こちらはデジタル用と割り切って使っていましたが、20Dと同時に友人に売却しました。
SIGMA 90mm
 F2.8 マクロ
 ディルフィナスのハウジングで、マクロポートを付けなくても使えるので生産終了直後に店頭在庫を買いました。100mmマクロの購入以後、最初は順子が使っていましたが、使う機会が減って、penちゃんに買っていただきました。
Kenko TELEPLUS
 MC7
 100mmマクロと一緒に使って、200mmの2倍マクロとして使います。どうしても写真が暗くなってしまうのと、ピントがなかなか合わないので、使う機会は全くなく、防湿庫で眠っています。

 MicroFourThirds規格レンズ
M.ZUIKO DIGITAL
14-42mm F3.5-5.6 U R
 2本所有しています。
 1本目は、E-PL3を使っての水中用に購入しました。ハウジングに入れるには、このレンズが基本となります。また、各種のコンバーターレンズも、このレンズの使用を前提に設計されています。
 2本目は、PEN mini E-PM2とセットでいただき、葵奈用のレンズとなっています。
M.ZUIKO DIGITAL
ED 40-150mm F4.0-5.6 R
 OLYMPUS PEN Lite E-PL3のダブルズームキットの望遠ズームレンズです。全くといってよいほど使用する機会がありませんでしたがPEN mini E-PM2が手に入ってから、葵奈の交換レンズとしての出番が増えてきました。

LEICA
DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./
MEGA O.I.S. H-ES045

 E-PL3用のハウジングPT-EP05Lで使うことができるということ、最大撮影倍率が、35mm換算で2倍になるということで購入しました。
 水中での使用がメインになります。陸上で使っている限りでは、フォーカスも比較的速い方だと思います。

 NIKONOS 用レンズ
UWニッコール 15mm
 F2.8N
 Ryoko姐さんの撮った写真を見て、どうしても欲しくなって買ったニコノスの水中専用レンズです。防湿庫で眠らせるには、あまりにも高価なレンズです。
UWニッコール 28mm
 F3.5
 初代のニコノスを使っていた時は、マサさんにお借りしてよく使っていました。35mmと比べると、ピントの合う幅が広く、格段に使いやすいレンズです。
Wニッコール 35mm
 F2.5
 初代のニコノスに付いていたレンズは、マサさんに引き取ってもらいましたが、新しいニコノスを買うにあたり購入しました。ニコノスで水陸両用で使えるレンズですが、現在のところはボディーカバーとしてしか使っていません。

ハウジング
タスコ
 ディルフィナス CE-05
 当時は、Kenkoから発売されていました。EOS5を入れることのできるハウジングは、これしかありませんでしたので、必然的にこのハウジングになりました。購入して10年以上使ってきましたが、2009年を最後に、引退しました。
タスコ
 ディルフィナス CE-RXG
 順子用に買いましたが、マクロ用に私も愛用していました。私のCE-05とポートを共用できるので大変便利です。2002年末に、致命的な水漏れ箇所が見つかり、修理するよりも新しいハウジングを購入することにしました。
タスコ
 ディルフィナス CE-R3
 新しい順子用のハウジングに、これを購入することにしました。本当は今までと同じCE-RXGであれば、カメラを買わなくて済むので、それにしたかったのですが、メーカー在庫もないということで、こちらにしました。
 長年使ってきましたが、2009年を最後に、引退しました。
スキューバプロ
 SV200Ω
 ヤフーのオークションで入手しました。スキューバプロから発売されていますが、イノンのX1−LZのOEMです。2010年から、マクロ用に使っていましたが、引退することになりました。
INON
 X1-LZ
 ヤフーのオークションで入手しました。2010年から、ワイド用に使っていました。光接続で、ストロボが使えるのが魅力です。これも、引退です。
INON
 X1-Z
 ヤフーのオークションで入手しました。上の2台のサブ機といった位置づけでしたが、使用する機会がないまま引退となりました。
FISH EYE
 FIX4040
 C-4040用のハウジングです。耐水圧が、オリンパス純正のものは30mなのに対して、このハウジングは60mの耐圧があります。トラブルが多いのが玉に瑕です。結局、2007年にC-4040と共に廃棄となりました。
CANON
 WP-DC5
 IXY DIGITAL用のハウジングです。コンパクトデジカメを使っての、ダイビングでの水中撮影は、私には向いていないようなのですが、子供たちが海やプールで遊ぶ姿を写すために購入しました。800 ISと共に手放しました。
CANON
 WP-DC28
 PowerShot G10用のハウジングです。子供たちが海やプールで遊ぶ姿を写すために購入しました。LUMIX DMC-TZ10購入後は、水中用の予備機としてサイパンに持っては行きますが、幸いに出番はないまま、2014年にマサさんのストロボと物々交換しました。
CANON
 WP-DC48
 PowerShot G15用のハウジングです。彩人の水中撮影用に購入しました。光ケーブルが接続できるパーツが付属するなど、水中撮影用に工夫されていると思います。
Panasonic
 DMW-MCTZ10
 LUMIX DMC-TZ10用のハウジングです。2010年に、私がダイビングで使うために買ったのですが、2011年には彩人用になりましたが、2013年に友人にTZ10と共に譲りました。
Panasonic
 DMW-MCTZ20
 LUMIX DMC-TZ20用のハウジングです。TZ10は彩人に譲り、私がダイビングで使っています。専ら、ビデオライトを付けて、静止画も動画も撮っています。親子3人で一緒に潜る時には、私のメインカメラになっています。
Panasonic
 DMW-MCTZ30
 LUMIX DMC-TZ30用のハウジングです。葵奈の海での遊びの時に、好きなように使わせています。
OLYMPUS
 PT-EP05L
 OLYMPUS PEN Lite E-PL3用のハウジングです。ターゲットライトなど、魅力的な機能があります。水中では、コンバージョンレンズを直接付けることができるので便利です。
DIV
 インテグラルMZ
 「Log memories」の「DIVハウジング顛末記」をご覧ください。
UN
 潜るんです
 レンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)を入れて使うハウジングです。ニコノスを買うまでは、これを使っていました。私の持っている「潜るんです」に合うレンズ付きフィルムを探すのに苦労して、最後は、レンズ付きフィルムに、自分でフィルムだけを入れ替えたりして使っていました。

ストロボ
SEA & SEA
 YS-50TTL
 水中用のストロボです。初代のニコノスと同時に購入しました。当時のニコンのSB103と比べて、わずかに性能が良かったので、こちらを買いましたYS-120の2灯目を買ってから、全く出番がなくなりました。
SEA & SEA
 YS-120 Duo
 水中用のストロボです。現在、3台所有しています。フィッシュアイレンズを使うときには、このYS-120を2灯使っています。新しいニコノスを買ってから、もう1灯を買い足しました。重いのと電池が8本いるのが難点ですが、使いやすいストロボです。
 デジタル化に伴って、全て引退です。
SEA & SEA
 YS-30 Duo
 水中用のストロボです。最初は、DIVのハウジング用に買いました。DIVのハウジングと共に、ねえさんに売りましたが、ねえさんが新しいストロボを買ったので、私の手元に戻ってきました。スレーブでTTLが効くので、マクロ撮影の2灯目として使っていました。2007年に、もう1台オークションで購入しました。
 Panasonicのデジカメでは、内部ストロボに同調して発光するのは確認しています。
SEA & SEA
 YS-90 DX Duo
 デジカメ用の水中ストロボです。デジカメ専用のストロボとしては、INONの製品の方が、性能は良いのですが、フィルムカメラでも使いたいので、このストロボにしました。予備機としてサイパンには持って行っています。
SEA & SEA
 YS-17
 デジカメのスレーブ専用の水中ストロボです。現在は、彩人が水中用として使っていますが、近接撮影をすると「白飛び」をする傾向があるので、やや使いづらい面があります。予備機としてサイパンには持って行っています。
NIKON
 SB-105
 水中用のストロボです。4台所有しています。1台はSB-103がクレームでSB-105に新品交換になるという情報があってから、SB-103を中古店で見つけ購入し、このSB-105を手に入れました。YS-120より軽いので、順子のメインのストロボとして使っていましたが、2010年に水没により廃棄。その当日にヤフーのオークションで新品を入手しました。
 もう一台は、スキューバプロのハウジングとセットで落札しました。ハウジングとは、光ファイバーケーブルで接続する仕様になっています。2010年に、オークションでYS-17と共に1台入手、2011年にも1台新品を入手しました。4台とも、オークションで購入したことになります。
 デジタル化に伴って、全て引退ですが、スレーブ用としては使うことができるかもしれません。
INON
 S-2000
 デジカメ用の水中ストロボとして2012年に3台購入しました。小さくて軽い点で、今までのストロボのイメージが大きく変わりました。
INON
 D-2000
 デジカメ用の水中ストロボです。2014年に、マサさんの持っていた新品のこのストロボとPowerShot G10+ウォータープルーフケースを物々交換しました。
CANON
 スピードライト550EX
 陸上用のストロボです。EOS-1Vと同時に購入しました。大光量で使い勝手が良いので、内蔵ストロボの付いていない1Vはもとより、内蔵ストロボがある20Dでもこのストロボを使っていましたが、580EXの購入で、スレーブ用になっています。
CANON
 スピードライト580EX
 2005年に購入しました。水中では、当たり前のようにストロボの2灯撮影をしていますが、陸上でも多灯撮影をしてみたくて、スピードライトトランスミッターをオークションで購入したのを機会に、メイン用のストロボとして購入しました。550EXより一回り小さいのと、光量が一段大きいのが魅力です。
CANON
 スピードライト270EX
 2009年に購入したポケットにも入るほどの小型のストロボです。G10用に買いましたが、1Dsにも使えるのが魅力です。
 荷物を軽くしたい時には、EOS 6Dに付けています。

フィシュアイレンズを入れたCE-05 24mmを付けた時のCE-RXG

 
SV200ΩとSB105 PT-EP05LとS-2000 

 ロゴについて

 上のロゴは、私が一緒に潜った方のログブックに押している「ログスタンプ」です。これは、友人が私のためにデザインして、プレゼントしてくれたものです。
 大変、気に入っているロゴで、スタンプはもとより、ダイビング用の名刺やメモパッドなどにも印刷して愛用させていただいています。

 尚、この友人のホームページ「水野我楽多工房」はリンクのページから入ることができますので、ぜひ、ご訪問ください。

<8/19/2013 更新>


 このホームページのインデックスページは http://homepage1.nifty.com/grotto/ です。