Log book No.659
激変 オブジャンビーチ

 










2009年8月4日
ポイント   OBYAN BEACH
ガイド    マサさん
バディ    ねえさん 他2人
 過去にも、オブジャンビーチのリップカレントが強烈だった時のログを書かせていただきました。その時には、マサさんに教えていただいた、ロープで戻れない時の対処方法は「ないしょ」とさせていただきました。実際に、マサさんに教えていただいたのは、「血だらけになるのを覚悟の上で、波に乗って帰ってくる」というものでした。あまりにもリスクが高く、そんな方法を公開する必要はないと思っていました。また、そんな状況では潜らないだろうとも思っていました。
 しかし、エントリーした時と、エグジットする時の海の状況が、潜っている間に急激に変化し、エグジットロープが切れてしまったという経験をしました。
 1年以上経った今でも、ねえさんとはこのダイビングの話をします。当日のログブックを見ると、無事にログサインを書くことのできた幸せを感じますし、この出来事をこうやってまとめることのできる幸せを感じます。  

 この文章は、何度も書き直しをしながら、「落ち着くこと」「波を読むこと」の大切さをお伝えできればと思いアップします。
 
 朝ショップへ行くと、マサさんが「オブジャンに行ってみようか」と話がありました。リップカレントが強くて、エグジットが辛いことを除けば、白砂の明るくてきれいなポイントです。もうオブジャンには何年も潜っていませんから、行くことができる海況であれば行きたいと思いました。
 前日のダイビングでは、フィルムハウジングとデジカメの2台を持って潜り、すぐに結果のわかるデジカメの楽しさから、ショップにはデジカメも持って行きましたが、オブジャンに行くのであれば持って行かないことにしました。

 ポイントに着くと波の状況は、比較的穏やかです。久しぶりのポイントなので、ブリーフィングをまじめに聞いてエントリーしました。沖への流れを確認しながら、水中でフィンを履きますが、大して流されることもなく「これなら、そんなに苦労しなくても戻れる」と思いました。

 この日は、マサさんのガイドでYさん(男性)とFさん(女性)、河野ねえさんと私でした。こんな時は、自然にねえさんと私が、一人ずつの側にいる形を取ります。エグジットの時は私が最後になるのが普通ですが、カレントロープの所に来た時は、マサさん、Fさん、私、Yさん、ねえさんの順になっていましたので、そのままの順でロープにつかまりエグジットを始めました。エントリーした時に比べれば、かなり強烈なリップカレントに変わっていましたが、今までに経験した範囲でした。ロープが途中で二股に分かれていますが、右に進路を取りました。マサさんの、こちらの方がリップカレントの影響を受けないとの判断でしょう。この時、右側のロープにつかまっていたのは、マサさん、Fさんと私です。ところが、すぐにロープのテンションがなくなりました。ロープが切れたと思って、マサさんを見ると「左へ行け」との合図がありました。ロープを離せば流されますし、私の側では、Fさんがロープにしがみついている状態です。何とか助けたいと思っても、私の力量では何ともなりません。結局、しばらくの間、切れたロープに二人でつかまっていましたが、握力もなくなってきて、以前ウイングでリップカレントにつかまった時に、マサさんに「一旦、戻ればいい」と言われたのを思い出して外洋に戻ることを決断しました。この時点で、Fさんは見失ってしまいましたが、自力でエグジットできたそうです。

 外洋で、BCにエアを入れて一息つくと、マサさんとYさん、ねえさんの姿が砂浜に見えました。3人は左側のロープで戻ったのでしょう。
 浮きながら、戻る方法を考えました。

1 再潜降してロープで戻る。
2 カレントの切れ目の場所(波の影響を一番受けない場所)から上がる。
3 波に乗ってケガのリスクを覚悟で上がる。

 最悪の場合は、外洋のボート係留ブイにつかまって、救助を待つという選択肢もあります。この時点で、妙に落ち着いている自分を感じました。それは、前日に彩人がこのポイントで、ヤシさんにシュノーケリングに連れてきてもらい、外洋から戻ってきているのが大きかったと思います。

 再潜降してロープで戻るのは、既に体力を使っているので、ロープに最後までつかまっている自信がないことと、エアの消費が一番激しい方法なのでやめることにしました。ひとまずカレントの切れ目の場所から上がる方法でチャレンジしました。

 波に押されながらも岸に近づいたのはわかります。妙にサンゴのきれいさが印象的でした。右前にロープが岩に打ち込んであるのが見えました。このロープにつかまれば大丈夫と思った瞬間に、リップカレントにつかまって一気にまた外洋まで持って行かれました。BCに空気が残っていたのが失敗の原因だったようです。

 もう一度、外洋でBCに空気を入れて浮きました。Fさんの姿がビーチに見えて、なぜかホッとしました。さて、どうやって上がろうかと考えていたら、マサさんが海側から見て、かなり左の方に立っているのが見えました。岸から見て、そこが波の影響が一番少ない場所で、「ここに上がって来い」というサインだと思いました。
 外洋で波を見ながら左へ移動。マサさんの立っている所へ寄せていく波の所へは、かなり泳いだ気がします。いよいよ、波に入りました。ここでも、サンゴが生き生きとしているのを見ながら、波に任せるように泳ぐとマサさんの足が見えました。手を伸ばしてくれたので、カメラのハウジングを渡し、何とかエグジットすることができました。
 ケガのリスクが一番高い方法でのエグジットでしたが、全くけがをすることもなかったのは幸いでした。マサさんが、波を読んで場所を指示してくれなければ、やみくもに波に乗って大ケガをしていたかもしれません。

 ねえさんが、切れなかったロープの方で戻ったに係わらず、ストロボのステーからなくなってしまったり、ケガをしてしまったことを考えると、そちらのロープの方は激流だったようです。私が、再潜降してロープで戻る方法を取っていたらパニックになっていたかもしれません。知らない間にウエイトを落としてしまっていましたので、実際には潜降できなかったでしょう。
 Fさんもウエイトを落とし、後日他のショップに回収されましたが、近くに私のウエイトもあったそうです。どうやら、ロープにつかまって波に巻かれている間に落としたようです。ねえさんのストロボも無事に戻ってきましたが、結局、私のウエイトだけは戻ってきませんでした。デジカメを持って行かなかったこともラッキーでした。

 ロープさえ切れなければ、エントリーした時よりもリップカレントが強くはなっていましたが、特別に危険なダイビングではなかったと思います。この日は「ロープが切れる」というアクシデントが起き、私は幸運にもケガもなく戻れただけかもしれません。
 ただ、マサさんに今まで色々なシュミレーションをして、何かが起きてしまった場合の対処方法を教えていただいたことや、過去にウイングビーチで流された経験、彩人がシュノーケルでお世話になっている、ヤシさんのホームページで公開されている情報や、話をさせていただいたりしたことなどが、自分を落ち着かせるのに役立ったことは間違いありません。

<10/23/2010掲載>
 
Log memories に戻る