Log book No.581

デジカメデビュー

フリソデエビ 原版
<原版>

フリソデエビ トリミング後
<トリミングした画像>

2002年8月19日
ポイント   GROTTO
ガ イ ド   アユミちゃん
最大水深 23.9m 潜水時間 56分

 デジカメ全盛の今日この頃ですが、私は「銀塩写真」(フィルムで写す写真)にこだわっていました。しかし、2002年の夏のサイパンで、デジカメもデビューしました。
 まだ、デジカメを何度も使ったわけではありませんが、使ってみて思いついたことを書いてみることにします。

1 使おうとしたきっかけ
 最近では、フィッシュアイレンズを付けて潜ることの多い私ですが、写しているうちに「マクロレンズにすれば良かった」と思うことが時々あります。そんなことを、春にサイパンに行った時、マサさんと話していると、「サブとして1台持って、BCに付けておけば良いのに」と言われました。以前から少し考えていたことですが、マサさんにそう言われると、背中を押してもらった気持ちになりました。また、フィルムを全て撮りきった後に、デジカメがあれば便利だと思いました。ですから、私の意識としては、あくまでもサブカメラということになります。
 ただ、彩人を連れてサイパンに行くようになってからは、荷物を減らすためにハウジングをサイパンに置いたままにしてありますので、日本で潜る時は、デジカメで撮っています。

2 機種
 以前から、順子のホームページを作るためにも、デジカメは1台欲しいと思っていました。機種は迷うことなく、レンズが他機種に比べて明るいオリンパスのC4040に決めました。ハウジングは、耐水圧が60mある、フィッシュアイというメーカーのFIX4040にしました。

3 ストレス
 デジカメを持って入った初日に、ハウジング内に水漏れを発見しました。その後、ハウジングだけを持って入っても水漏れはなく、再度カメラを入れて潜ったら、また水漏れということを繰り返しました。
 この水漏れが、カメラを2台持って潜っているという意識を過剰にさせたのでしょうか、デジカメを持っている時は、ずいぶんストレスを感じました。アユミちゃんとマンツーマンで潜った時は、デジカメをアユミちゃんに任せてしまうことができ、いつもと同じ気分で潜ることができました。
 ですから、自分でカメラを2台持って潜るということに、もう少し慣れが必要だと思いました。

4 プリント
 普通のフィルムの写真は、いつもサービスサイズと呼ばれるL版でプリントしています。その中から気に入った写真をハガキサイズに引き伸ばしています。
 上にある写真は、デジカメデビューした日の写真です。上段は、デジカメで写したそのままのサイズ、下段は上下左右を約45パーセントにトリミングしたものです。この下の画像を写真屋でハガキサイズに焼いてもらったのですが、十分に見ることのできる写真になりました。面積比から考えると、80万画素相当になるはずです。ハガキサイズ程度にしか引き延ばさないのであれば、画素数の大きなデジカメを選択する必要はないようです。
 確かに、デジカメの画像は、トリミングも思うがまま、色調の補正も思うがままです。でも、下段の写真が出来上がっても、「こんな写真が撮れた」という満足感はありません。これが、銀塩カメラで撮れていれば、きっと満足していることでしょう。

まとめ
 現像するたびにゴミ箱をいくら満杯にしても、現在のところ、私はデジカメに完全に移行する気にはなれません。現在、キヤノンから出ている一眼レフデジカメで、フィッシュアイレンズがフィッシュアイレンズとして使える機種は100万円近くしますし、対応するハウジングもありません。
 私がデジカメに完全に移行するのは、安価で優秀な機種が発売されるのもさることながら、グロットの階段を金属製のハウジングを持って昇れなくなった時かもしれません。


<2003年3月18日 掲載>

 
Log memories に戻る