Log book No.555
もうすぐパニック?!
 
ピンボケ コケギンポ
 penちゃんの見つけてくれた黄色のコケギンポ。
ピンボケ写真しか撮れませんでした・・・。


2001年9月9日
ポイント   軍艦岩
バディ    penちゃん
最大水深 14.7m 潜水時間 34分

 これは、penちゃんと2人で越前に潜りに行った時のことです。私自身の不注意や、ちょっとした失敗、体調不良などが重なって、「このままではパニックになるかも」と、とても不安になってしまった話です。

1 食べ過ぎ
 1本目は、「壁石岩」で潜りました。初めて見るハゼや、豆アジの群れなどを見て、楽しいダイビングでした。
 その後、コンビニで買った焼きそばとおにぎりを食べました。食べながら「ちょっと食べ過ぎだなぁ」と思っていましたが、貧乏性の私は、残さず食べてしまいました。

2 時計
 食後に休憩していて、ふと時計を見ると午後2時を過ぎていました。いつもなら、2本目のダイビングのスタートが2時ぐらいです。「これでは帰りが遅くなってしまうな」と思って、2本目のポイントである軍艦岩に向かうことにしました。
 実は、私の時計(ログメモリー)は、サイパン時間のままだったのです。ですから、午後2時だと思った時は、実際は、1時を過ぎたところでした。

3 うねり
 前週に、penちゃんとねえさんが潜った時は、軍艦岩で「コケギンポ」を見つけられなかったと聞きました。まっすぐに、いつもコケギンポのいる場所に行くと、すぐに見つけることができました。自分が見つけた個体やもpenちゃんの見つけてくれた黄色の個体など、嬉しくなって、その場所でしばらく写真を撮っていましたが、うねりの影響をかなり受けました。ファインダーを覗いている間は、気になりませんでしたが、その場所から離れると、少し波酔いをした感じが残りました。
 水深が浅いと、うねりの影響を強く受けるので、少し深い場所に移動しました。ところが、この日は水深10mを超えてもうねっています。この頃から気分が悪くなってきました。岩につかまって落ち着こうとしましたが、かえって泳いでいる方が楽なので、泳ぎながら岩の裏側に回りました。うねりの影響が少しなくなって楽になりましたが、早めに戻ることにしました。

4 流れ
 岸に戻るために泳いでいると、水深がくなるために(5〜8m)うねりの影響を強く感じます。いつもなら、このぐらいは大丈夫と思えるのですが、この時は波酔いをしていて気分が悪くなっていました。早めに水面に出ることにして浮上すると、水面はかなり流れていて、エントリーした場所まで水面移動をするのは、かなり大変です。潜った方が楽に戻れそうなので、再潜降して水中に入ると、また、うねりで気分が悪くなりました。この頃になると、本当に「やばいな〜」と焦り始めました。パニックになってもおかしくないなと思い、とにかく顔を水面に出して落ち着こうと、BCにエアを入れました。
 このポイントにはEN/EXできる場所が2か所あり、流れに合わせて泳いで、エントリーした場所ではない方から上がればいいと考えると、不思議に落ち着くことができました。

まとめ
 何よりの失敗は、時計が1時間進んでいて、時間を気にして焦ったことだと思います。これに気づいたのは、ダイビングが2本終わった後でした。時計を合わせ忘れたという、本当につまらない失敗で、ひょっとしたら大変なことになってしまったかもしれないと思うとゾッとします。
 この日は、国内でダイビングでの死亡事故が起こっていました。この記事を見た時は、何とも言えない気分でした。


<2001年10月13日 掲載>

 
Log memories に戻る