Log book No.532
競 争

 ヘルフリッチ
 
2001年3月29日
ポイント   GROTTO
ガイド    アユミちゃん
バディ    ねえさん 他1人


 この日は、アユミちゃんのガイドでグロット2本の予定でした。1本目はヘルフリッチの写真を撮るつもりでいました。
 グロットの駐車場に着くと、良く知っている他のショップのガイドのKさんが、お客さんを2人連れています。そのお客さんは、2人とも、マクロ仕様のハウジングを持っています。

 「ひょっとしたら?」と話しながら、海の様子をチェックして、機材のセッティングを済ませて階段を降ります。すぐにエントリー。ここまでは、私達の方が先でした。
 潜降して、まん中の穴から外洋に出ました。外洋にあるトンネルをくぐると、ヘルフリッチのいる場所に出ます。(私は、初めてその場所に行ったのですが、だいたいの場所は話には聞いていました。)すると、そこで見たのは、いつの間にか、先回りしたガイドのKさんの大きな背中。「絶対に、寄らせてやらない」と背中が言っていたような気がしました。もちろん、私達は遠慮して他のコースに行きました。

 私達は、今シーズンはまだグロットに潜る機会がありました。そして、その日もグロット2本の予定であることは、Kさんも知っていました。自分のお客さんに、ヘルフリッチの写真を撮らせてあげたくて、一生懸命に先回りしたのだと思うと、何だか微笑んでしまいました。

 駐車場に戻ってから、Kさんに「早い者勝ち!!ヘルフリッチは、巣穴の中に閉じこめてきた」と笑わせられました。

 このページの写真は、その2本目に、巣穴に閉じこめられずに、無事に写すことのできたものです。

<2/12/2002掲載>

 
Log memories に戻る