Log book No.405
オブジャンビーチのリップカレント
 
ハダカハオコゼ
 
    1998年12月31日
 ポイント オブジャンビーチ
 ガ イ ド マサさん
 最大水深 17m  潜水時間 37分
 
 オブジャンビーチでのブリーフィングは、「戻る時は、リップカレントがありますから、引き波の時はロープにしっかりつかまって、押し波の時にロープをたぐって、一気に進みましょう」 と言われます。
 このログは、そのブリーフィングを忠実に守った、妻の順子と、その後ろにいた私たちのお話です。

 このシーズンは、前半はウイングにビーチからエントリーできるほど静かな海だったのですが、後半は 低気圧が来てしまい、グロットに潜る時も、とても神経を使う毎日でした。
 さて、最終日のラストダイビング。マサさんが「まだ今回は潜っていない、オブジャンに行こう」ということで、オブジャンビーチに向かいました。 波はやや高く、「リップカレントが強そう」とは思いましたが、マサさんが「行ける」というなら大丈夫でしょうし、自分が今まで経験した程度の波だと思いました。
 海の中は、オブジャンビーチの白砂と太陽の光を楽しみました。このページのトップにある、ハダカハオコゼの写真を撮ったりして遊びましたが、通常よりもはるかに早く戻り始めました。

 さて、ロープにつかまって戻り始めます。この日の戻りは、順子の後ろは、エモちゃん、ねえさん、私の順でした。
 ロープの最初の曲がり角から急に流れが強くなります。 その曲がり角で、「これは強い流れだな」と思ってロープにつかまっていましたが、全然前が進みません。ねえさんも困っている様子ですし、この流れの中でカメラを抱えたまま追い越すこともできません。 段々と腕も疲れてきます。それでも、少しずつは進み始めました。途中では、切れたロープが首に巻き付いたりして、大変苦労してエギジットしました。
 後から、話を聞いてみると、順子が「引き波ばかりなので、しっかりとロープにつかまり続けていた」そうです。これが渋滞の原因でした。
 結局、先に上がって順子の様子を見ていたマサさんが、順子の所まで来て、カメラを持って進み、その後をついてエギジットしたようです。

 それからというもの、オブジャンで潜るときは、順子は「引き波の時でも、ロープをたぐって進むように」と言われ続けています。


 この日の反省会。マサさんから「エアーがあるけど、今日よりも、もっとリップカレントが強くて戻れなければどうする」という問題が出されました。
 実は、この日はボートでもダイビングをしているショップがありましたので、ねえさんも私も、すかさず「他のショップのボートに上がる!!」。私のレベルでは、これが正解でしょう。
 もし、ボートがなかったら・・・?
 この答えは、教えていただいたのですが、ヒ・ミ・ツです。サイパンに行かれることがあれば、直接マサさんから聞いてください。

 でも、何よりも正解は「潜らない」ことですね。
Log memories に戻る