Log book No.393
恐怖のウイングビーチ
 
大好きなウツボ
 
    1998年12月26日
 ポイント ウイングビーチ
 ガ イ ド マサさん フジオさん
 最大水深 26m  潜水時間 49分
 
 ウィングビーチというポイントは、ボートからでもビーチからでもエントリーすることができます。 しかし、夏場でもビーチからは手軽に入ることはできないポイントと言われています。
 このログは、真冬である12月に、ウィングビーチにビーチからエントリーした時の、私の体験です。

 「嵐の前の静けさ」という言葉がありますが、この日は低気圧の来る直前で、かなり静かな海でした。マサさんは「ウィングをチェックしてみようか」とビーチまで行き、海をかなり長い時間見つめていました。 私は、ウィングビーチは「入ることができれば、ぜひ入りたい」ポイントですので、マサさんの判断が「よし、行こう」となることを期待しています。そして、期待通り「行く」ことになりました。
 ブリーフィングでは「リップカレントがあるから、カメラを持っている人は右寄りに、岩をつかんで戻るように」という指示でした。
 エントリーして、「少し流れているかな〜」程度の思いで潜降しました。流れのある場所を過ぎると、 海の中はとても静かで、クレパスの中では、このページにある、大好きなウツボやカエルウオの写真を撮ったりして楽しむことができました。

 さて、いよいよ戻りです。ブリーフィングの通り、潮の流れ道の右側を行きます。マサさんは、途中で止まって方向を指示してくれ、安心して岩伝いに岸に戻ります。
 ところが、途中から引き潮が強烈になり、自分の体を支えるのが精一杯の状態になりました。何とか少しずつ進むうちに、頭が一瞬水面に出たことを覚えています。今考えると、その時はもう立ち上がることができたはずですが、自分は、まだ岩をつかんだまま、もっと浅場に行こうとしていました。
 この時、すぐに立ち上っていれば、「冬場のウイングにビーチエントリーできた」という、自慢のログになるはずでした。

 そして、必死に岩にしがみついているうちに、手が離れてしまいました。あっという間に流されてしまい、苦労して進んだ半分以上戻されてしまいました。
 流されながら、何とか途中の岩をつかんだのですが、つかんだ場所は、潮の流れ道の左側です。右側に移動しないと、つかまる場所がなく岸に戻ることができません。でも、流れが強く、ほんの1mぐらいの距離が移動できませんでした。「困ったな」と思っていると、誰かが、私の横を流れて行きます。 それは、ねえさんが流してしまったカメラを取りに行く、マサさんの姿でした。
 ねえさんのカメラを拾ったマサさんが、私のカメラも持ってくれ、何とか移動することができました。 そして、やっとの思いで波打ち際まで戻り、フジオさんが私を立たせてくれました。
 私の第一声は「ああ、怖かった」。フジオさんは、「長い間、一緒に潜ってるけど、横井さんが『怖い』って言ったのは初めて聞いた」と笑っていました。

 後から反省会。マサさんに教えていただいたのは、「流されてしまったら、無理に途中で止まろうとせずに、流れのない場所まで流されて、そこから戻り直せばいい」。考えてみれば当たり前の話ですが、その時の私にとっては、考えもしなかったことです。

 マサさんがいつも、「”入れるか”よりも”帰れるか”を考えろ」と言っているのがよくわかりました。怖い思いもしましたが、ダイビングに対して、少し天狗になっていた私には、貴重な体験でした。

Log memories に戻る