Log book No.388
才能か偶然か 〜妻の写真〜
 
タコ
 
  1998年10月11日
 ポイント 米ノ/越前海岸
 最大水深 9m 潜水時間 31分
 
 
 「写真を写す」ということは、誰でもできることでしょう。ところが「良い写真」を撮すとなると、これがなかなかうまくいきません。
 私は水中写真を初めてから、98年当時で、かれこれ300本ぐらいフィルムを使っているのですが、気に入っている写真となると、数えるほどです。

 さて、この日のダイビングは、新しいハウジングとカメラを妻のために購入したので、1本目は妻が使用し、カメラ自体のテスト、2本目は私が使って、マクロレンズと新しいストロボのテストの予定で潜りました。その2本目に、私は岩穴の中でタコを見つけました。タコを見つけると、迷惑なことでしょうが、ついつい引っ張り出したくなります。
 そこで、カメラを妻に渡して、タコとの遊びを始めます。全身が出た所でストロボが光ります。 それが、このページの写真です。ちょうど、全身を現した瞬間を、初めて使うカメラとレンズで、たった1回シャッターを押しただけで・・・。
 妻は私に「才能」と言い、私は心の中で「偶然」と言っています。

 下の写真は、この日の1本目に「軍艦岩」で、才能ある妻が撮した中の、ベストショットです。

豆アジ
 
Log memories に戻る