Log book No.380
はぐれた!! 越前海岸「米ノ」にて
 
    1998年8月25日
 ポイント 越前海岸「米ノ」
 最大水深 10m  潜水時間 45分 
 
 日本で潜るときは、名古屋から日帰りで往復できる越前海岸に行きます。サイパンでいつも一緒に潜っている人たちと遊びに行きます。タンクをレンタルして、ガイドなしで潜っていますが、気心も知れているので、 大変、楽しく潜ることができます。
 このログは、私たち夫婦を含め仲間4人で潜った時の、ちょっとした油断で起こった、私の冷や汗物語です。

 この日は、T先生を初めて日本の海に誘いました。職場では大先輩のT先生ですが、海では私が先輩です。
 4人で潜ったのですが、バディを決めずにトップのコース取りは私、次は順子、T先生を挟んでバックはエモちゃんと順序だけを決めて潜りました。
 1本目は「軍艦岩」で楽しいダイビングができました。2本目は違うポイントがいいだろうと思い、「米ノ」に潜りました。

 このポイントは、砂浜の沖にテトラポットがあるポイントです。 テトラの右側から外洋に出ましたが、同じ場所から戻るには、波が高くて少し苦労しそうなので、 テトラの左側から戻ることにしました。
 テトラの切れ間まで来て、ここから浮上しての水面移動は大変そうだと思い、水中から戻ることにしました。 コースを確認するために、順子に「待て」の合図をして、私だけが一旦浮上しました。 再潜降して、方向を示し泳ぎ始めましたが、ふと気が付くと誰も後ろにはいません。 「やばい」と思って取って返したのですが、もう戻るだけという安心感から、何も目印を覚えていませんし、透視度も3m程度しかありません。 とにかく私は浮上して、みんなが上がってくるのを待ちましたが、なかなか浮上してきません。
 その間、考えたことは、「誰かが水中拘束されて動けなくなった」など、トラブルに関することばかり、 ましてや、日本の海で初めて潜るT先生も一緒です。悪いことばかりを想像していました。
 他のグループに助けを求めようなどと考えている間に、ようやく皆が浮上してきました。 その間が、何と長く感じられたこと。

 結局「待て」の合図のままだと思った順子が、動き出さなかったそうですが、 移動の合図をして、それを理解しているかを確認しなかった、リーダーである私の責任です。
 ちょっとした油断の結果が、あわや事故につながったかもしれない、苦い思い出の1本です。


Log memories に戻る