Log book No.359
波にもまれる 〜DIVハウジング顛末記〜
 
DIVハウジング

    1998年8月10日
 ポイント グロット
 ガ イ ド マサさん&フジオさん
 
 懸賞で当たったDIVハウジング。いろいろな運命が・・・

テスト撮影
<ハウジングとの出会い>

 以前「マリンフォト」という雑誌を購読していました。1998年の5月号に、DIVというメーカーの「インテグラルMZ」というハウジングが懸賞の賞品としてありました。 「当たればいいな〜」ぐらいの軽い気持ちで、その年の3月に撮ったヘルフリッチの写真と共に、「サイパンが大好きです。妻も写真を始めたいのでハウジングをください。」というような投稿をして、7月号にはその記事と写真が掲載されました。

 その7月の終わりごろのある日、仕事から帰ると宅配便が届いていました。そうです、そのハウジングが送られてきたのです。 「それでは。」とばかりにペンタックスのカメラを購入し、越前海岸でテストをし、8月8日のサイパンへの出発に備えました。
 この写真は、そのテストで撮した写真です。

<グロットで波にもまれた妻>

 8月9日から、サイパンでのダイビングが始まりました。初日から妻も喜んでバシバシ撮していました。
 8月10日はグロット。カメラを持ったダイバーの多くは、エントリー岩の下の方からカメラを持って入ります。妻は不安がっていましたが、「大丈夫。俺が指示するから。」なんて、偉そうに言ってエントリーさせようとしました。
 普段、自分が入る時は、何気なく入っていたのですが、いざ他人に指示する時となると勝手が違うものです。入ってはいけない「波が寄せている時」に、「いいよ」と指示を出してしまい、おまけに妻は、すぐ下に見える岩を怖がって通常より左に入ってしまったのです。
 この入り方をすれば、波の高い時は間違いなく流され、波にもまれます。幸いにしてBCにエアが入っていたので、すぐに水面に浮かび、フジオさんに引っ張り上げてもらったのですが、私は肝を冷やしました。 十分に波を読めないのに、偉そうに他人に指示をするなんて、「十年早い」ことを思い知らされました。
 さて、この時のショックでしょうか、ハウジングは水没してしまいました。実は、この時のダイビングは「ねえさんの400本記念」。楽しいはずのダイビングが、流されて水没と、一緒に潜っていた皆さんには悪いことをしてしまいました。
 
 実は、このハウジングは、「ねじ山の不良」でクレームが出ていたもので、DIVで無償修理とカメラの保証をしていただきました。
 私は、もともとキャノンのカメラを使っています。このことをきっかけに、妻にはレンズやポートを私と共用できる、New EOS-KISSと、ディルフィナスのハウジングを購入しました。

<そして、ねえさん元に>

 このDIVのハウジングは、修理後に、保証された新品のカメラと共に、写真に興味を持ち始めたねえさんに買っていただきました。
 ウィングビーチで流されたりもしていますが、長い間、愛用していただいていました。しかし、数度の水没で、ねえさんもデジカメに移行してしまいましたので、現在では海に入ることはないようです。
 いずれまた、海にお供する日は来るのでしょうか?
 

<2000年1月16日掲載>
<2003年2月11日編集>

Log memories に戻る