Log book No.344
グロットで流される
 
グロットのエントリー岩
 
     1998年3月28日
 ポイント グロット
 ガ イ ド フジオさん
 最大水深 22m 潜水時間 40分
 
 
 マサさんが、プロを目指す、ある人に言っていた言葉。「自力でエントリー・エギジットのできない場所に潜るな」。この言葉は、私にとって心に浸みる言葉です。
 「客」である私は、エギジットの時は、引っ張り上げてもらえばいいのですが、やはり自力で上がれるようになりたい。しかし、カメラを抱えている私にとって、グロットに潜る時は、エントリーはまだしも、エギジットは難しいものがあります。それでも、何とかカメラを抱えたままエギジットしようと、トライしています。

 グロットのエギジット場所を、水中から見ると、右手の方に「取っ手」のように見える岩のくぼみがあります。そこにつかまって、波に押されるとちょうどきれいに上がれます。 この日も、かなり波が荒れていたのですが、何〜にも考えない私は、いつものようにその「取っ手」へ。ところが、波が強くて体を支え切れません。そのまま流されてしまうところを、フジオさんと、他のショップのスタッフの方に引っ張り上げてもらいました。 あとから聞くと、フジオさんは「戻れ〜!」と叫んだそうですが、水中では聞こえませんでした。少しでも波のある時は、「取っ手」のある右の方には、絶対に回り込んではいけないそうです。

 波を読めないのに、勝手に動くと大変なことになることを知った1本でした。でも、自力でエギジットしたいと、今でも思う私です。

 このページの写真は、エントリーの岩です。左手の一段低くなって波をかぶっている所が、エギジット場所です。
 
Log memories に戻る