Log book No.273 ?
カメラ水没物語
 
オブジャンの光
 
   1997年3月27日
 ポイント ナフタン
 ガ イ ド フジオさん
 最大水深 10m? 潜水時間 2分?
 
 
 妻と、新婚旅行でサイパンへ。サイパンに初めて来た妻には、ダイビングのライセンス講習を受けさせておいて、自分は「ファンダイビング」。

 ナフタンに潜ることができ、「ラッキー」と思って、真っ先にエントリーして、カメラのスイッチを入れようとすると、なぜかスイッチが入っている状態に・・・。
 チェックをしようと、ファインダーをのぞいてピントを合わせようとすると、動かない!。「故障か〜。こりゃあ、このダイビングは写真を撮れないのか」と思いながら、ポートを見ると、レンズがどっぷり水につかっている。
 「やばい」と思って、すぐに浮上。ボートに上がった所で、キャプテンにカメラを渡し、フジオさんに「中止」の合図。ボートの上で、ハウジングを分解したが、完全にカメラも、レンズもアウト。

 原因は、ストロボのベースに貼ってあるゴムがはがれて、ハウジングにはさまっていたという単純なミス。やっぱり、妻を放っておいた「罰」が当たったのでしょうか。

 このページの写真は、その前日に、ラウラウビーチで撮した、私の初代EOS-5の「最後の1枚」、通常のエントリー場所より左に行った、プールのようになっている場所に差し込む光の写真です。


Log memories に戻る