Log book No.170
今日の失敗
 
ギンガメアジ
 
 
     1995年3月27日
 ポイント バンザイクリフ
 ガ イ ド マサさん
 最大水深 28m  潜水時間 30分
 
 この年の春のシーズンで、初めてバンザイクリフに行った。もうポイントに着くとワクワクして何もかもうわのそら。マサさんがチェックに先に入る。マサさんからは「まだ、入るな」という指示(が、あったらしい)。
 器材を背負った私が「行きま〜す」とエントリーしようとすると、他のメンバーから「まだ、ダメ!」の声。でも、タンクで重心のずれていた私は、海の中にきれいにバックロールエントリー。
 水面の流れは強烈で、何とかボートのスクリューにつかまっている。「もう、だめ」と思うと、そこにロープが。「助かった」と思ってつかまったら、マサさんが張ろうとしているカレントロープ。まだ、結んでいないのに私が引っ張っているので、マサさんはとても苦労したみたい。
 ようやく、ロープづたいに潜降しようとして、BCの排気のひもを引っ張ると「ブチッ」。何とか、空気を抜いて底まで着くと、何かにレギュレーターが引っ張られるような感じ。BCからタンクが外れていたようで、マサさんに付け直してもらう。

 これだけ1本のダイビングで失敗を繰り返しても、「ナポレオンがいた」「ギンガメアジの大群がいた」と喜んでいる私。

 ボートに戻ってから、バックアップしてくれていたMさんの笑顔。「ライト落としたでしょう、はいこれ」「・・・。」


 さて、このダイビングで私はどれだけの失敗をしたのでしょう。

 
Log memories に戻る