Log book No.119&229
フォビリンの思い出
 
ナポレオン
 
 
<その1>
     1994年8月9日
 ポイント フォビリンアイランド 
 ガ イ ド マサさん
 最大水深 32m  潜水時間 35分
 
 この日のボートはマーメイド。乗っているのは、マサダイブの客はハラボー,ねえさん,そして私の3人。マサさんと非常に仲の良い、サイパンコーラルリーフのガイドのサカさんと、お客さん2人。ボートキャプテンは、ダイビングのガイドもできるフィリピン人のBISONG。
  1本目をバンザイクリフで潜ったあとに、ガイドさん2人が「ポイント探しをしようか」という話になる。好奇心いっぱいの客5名は、即「行こう!」
 バンザイからそのまま東側に回り、グロットの外洋を見ながら南の方へ。途中でガイドさん2人はスキンダイビングでポイント探し。「あんまり良くないな〜」と言っていると、ボートキャプテンのBISONGが「禁断の島(フォビリンアイランド)で潜ったことあるよ」ということで、フォビリンまで行く。
 おもしろそうなので「とにかく入ってみようか」ということでエントリー。浅めの根で遊んでいるが「な〜んだ、小物のポイント?」と思っているうちに、他の根に移動。
 その移動した根のトップ(一番浅い所)で、水深30mを超す。流れは強烈どころではなく、少し横を向いたらマスクがとんで行きそう。
 そこで見た物は「ナポレオンフィッシュ」が、同時に大小合わせて8匹。魚も流れに揺られながらホバリングしていました。トップにある写真は、当時使用していたニコノスで、飛ばされそうになりながら撮したものです。
<その2>
     1996年1月4日
 ポイント フォビリンアイランド
 ガ イ ド マサさん
 最大水深 29m  潜水時間 54
 この年は、元旦からバンザイに入れる静けさで、私は翌日に帰国予定。「今回も楽しかったな〜。最終日もバンザイへ入れるといいな〜」とぜいたくなことを思っていた。
 この日のボートもマーメイド。乗っているガイドさんは、マサさんと<その1>と同じガイドのサカさん。念願かなって1本目にバンザイに入った後の会話。

  マサさん「2本目どこ行こうか」
  サカさん「ここからなら、ウィングかピンスポか、大物を狙うのならフォビリンかな〜」

 これを黙って聞いている私ではない。「フォビリン!!」ということで、またまたフォビリンへ。
 この時のフォビリンは、とても静かで流れも何もなく、大物も何も出なかった。でも、ナフタン(サイパンの一番南)を回って、「わ〜い、ボートでサイパンを一周しちゃった」と喜んでマーメードのある第一ホテルのビーチに戻る。そこでマーメードのスタッフが、「サトコさん(マーメードのオーナー)が心配してバンザイまで見に行ってるんですヨ」。私達は、器材を洗うのもそこそこに帰りました。
 その後、マサさんとサトコさんの間に何が起こったのかは知りませんが、2人は仲良しです。

 マーメイドのサトコさんからコメントをいただきました。ありがとう、ございました。

 マーメイドのサトコです。

 あのフォビリンのことは忘れません。探しに行っていなくて、店に戻ったら「逃げるようにして帰りました」とのこと。拍子抜けしてしまいました。
 「何もなくてよかった」とそれだけでした。

 ボートに乗っていた2人のスタッフは、まるで子供のようです。与えられたオモ チャで遊ぶように、ボートに乗せるとどこにでも行っちゃうんですから。
 今はボートはありせんので、そんな心配もなくなりましたが。

 その後さんざん怒ったら、2人共しゅんとしてました。
 でも今は笑い話です。

 マサさんとは会うと、言いたいこと言ってるけど仲良しです。

 
Log memories に戻る