シゲさんのガイド
ダイビングの「生き神様」
 
魚と遊ぶシゲさん
 
1998年12月27日
テニアン ツーコーラルヘッドにて
 
 私と妻にとって、マサさんが「師匠」なら、シゲさんは「生き神様」のような方です。
 妻が投稿し、ダイビングワールド1999年1月号に掲載された「私の好きなガイドさん」の記事を掲載します。

 私が感動したダイビングガイド は「シゲさん」といいます。最初 にシゲさんのことを知った時は、イ ントラを引退した普通の人だと思 っていました。しかし、他のイント ラやお客さんから「グ ロットに、階段がない頃から潜って いた人」と聞き、とても驚きまし た。BBQパーティで、ナフタンの ダウンカレントや、バンザイの三枚 潮の話を聞くことができ、海に関 する知識の豊富さにも感心しまし た。
 今年の元旦に、グロット外洋で初 日の出を見た後に、海底を見つめ、腕を組ん で静かに潜降していくシ ゲさんの姿は、本当に格 好いいものでした。私のログブックには、その時の様子 が絵入りで残っています。
 今年の夏には、バンザイを初めてガ イドしていただきましたが、魚を見 るよりはシゲさんに見とれてしま いました。
 ダイビングの知識と技 術、そして飾らない人柄は、あこがれを 通りこして、感動の域に達していま す。
 
  こんなシゲさんに、時にガイドをしていただける私たちは、幸せです。

Log memories に戻る