潜らなかった1日
 
バンザイからの帰り
 
1994年8月4日
 
 これは、ずいぶん古い話なのですが、今でも忘れられない、潜らなかった1日の話です。  
 この数日前から、話は始まります。

<はじめに>
 このシーズンは、ダイブマスターの資格を取りたいと思い、マサさんに講習をお願いしてありました。
 別に、ダイビングを仕事にしようと考えていたわけでもありませんが、「ダイビングがうまくなるために、きちんと講習を受けた方が良い」と、自分なりに考えていました。
 マサさんには、「初日から講習もかわいそうだから、2〜3日ファンダイブで体を慣らしなさい」と言われていました。
<8月1日>
 この時は、ショップの隣りのアパートを借りて生活をしていました。水道から水の漏れる音が気になって寝付けなかったのと、ベッドに差し込んだ朝日のせいで、早くに目が覚めてしまい、完全な睡眠不足の状態でダイビングが始まりました。
 1本目のグロットでは、耳の中の空気が、浮上するときに抜けない「リバースブロック」が起きて、とにかく耳が痛みました。 2本目のオブジャンビーチでは、前半は耳が痛くてつらいダイビングでしたが、後半は多少、楽になりました。

<8月2日>
 この日は、マサさんが私の耳を気遣って、1本目をオブジャンビーチにしてくださいました。おかげで1本目は、のんびりしたダイビングを楽しみました。
 ところが2本目のグロットでは、潜降したとたんに、目の前がゆっくりと回りだしました。バルディゴと言われるものです。しばらくして治まったのですが、翌日からどうなることかという不安がいっぱいでした。
 悪いことに、疲れからか夕方から少し寝てしまって、夜に寝られませんでした。飲み付けないビールを飲んで、やっと眠りました。

<8月3日>
 この日は、マサさんが入国管理局の審査があるとかで、ガイドは、シンドバッド(現・マーメイド)のサトコさんでした。1本目のアイスクリームで、波酔いをしてしまいました。 もしかすると、前夜のビールが残っていたのかもしれません。
 1本目が終わった後で、「ボートの予約があるけど、明日は潜る?」と聞かれました。 耳の調子も悪いし、とにかく明日のダイビングは休みにして、様子をみることにしました。
 この時点で、私のダイブマスターへの挑戦は断念する事にしました。

<8月4日>
 ダイビングはお休み。でも、タンクをトラックに積み込む音で目が覚めました。部屋からみんなの出発するのを見送って一眠りしました。
 目が覚めると雨。これは、ボートで行ったみんなは、濡れて寒がっていると思いながら、ビーチに出迎えに行きました。 しばらくすると、ボートが帰ってきます。
   「お帰り。寒かったでしょう。」
   「すごかったよー」
   「・・・」
   「バンザイに行って、ナポレオン7匹!!。他にはねえ・・・」
   「・・・・・・・・・・」
 この翌日からは、なぜか体調も回復し、毎日ダイビングを楽しむことができました。


 ダイブマスターを断念した私は、その1年後にはハウジングを買って、ますますダイブマスターからは遠ざかってしまいました。
 トップにある写真は、3日後に念願のバンザイクリフに潜った後の写真です。
 


Log memories に戻る