ローカルプライス ウエディング
サイパン結婚式物語
 
参列してくれたみんなと
 
1997年8月9日
 
   私たちが入籍したのは、1997年の3月。その時に、妻はダイビングライセンスを取得。マサさんの「夏に、結婚式もサイパンでやったら。」とのお言葉で、マリアナシーサイドチャペルで、結婚式を挙げました。これは、その前後のお話です。

<「結婚式」やめたら?>
 結婚式の直前に、妻は3泊4日の林間学校の引率がありました。帰ってきたらダウンしてしまい、8月3日に医者へ。
  医者:「良くないですね。入院しましょうか?」
  妻  :「海外で結婚式があるんですけど。6日に出発なんです。」
  医者:「結婚式に行くのはやめた方が・・・」
  妻  :「自分のなんですけど・・・」
 なんて、やりとりがあって、何はともあれ、前日まで点滴を打って出発。
 飛行機が、満席でビジネスシートに座れたのは、病中の妻には、不幸中の幸いでした。

<ローカルプライス>
 サイパンでの食事の値段は、多くの店で2通りの価格があります。ツーリストの私も、レジで「ローカル」と言うと、けげんな顔をされながら、1割から2割、安くしてもらえます。
 私たちの結婚式は、第一ホテルにある、フカダエンタープライズに手配を頼みました。そこでも「マーメイドの城島様のご紹介ですので、お安くさせていただきます。」という言葉。
 結婚式まで「ローカルプライス?」と、笑った二人でした。

<変な客>
 その時、私たちの泊まっていたのは、当時マサさんが借りていた「アクエリアス」という、アパート。マサさんの好意で、マサさんの部屋を貸してもらって、マサさんは同じ建物の中にある、シゲさんのお宅に居候。
 そして、その部屋で、ウエディングドレスの着付け。普通、結婚式を挙げる人は、ビーチ沿いの「リゾートホテル」に泊まっているのでしょうから、着付けをしてくれた人は、「変な客」と思ったでしょうね。
 部屋から出て、車に乗る時も、ずいぶん変な目で見られました。


 そのほかにも、夜のバーベキューとか、みなさんからいただいたプレゼントの数々とか、ご紹介したいことは、山のようにあります。
 中でも、ちぐの送ってくれた、手作りのアルバムは、大感激でした。その一部を、紹介させていただきます。

ちぐのアルバム 1 ちぐのアルバム 2

ちぐのアルバム 3

Log memories に戻る