教 訓

フィルムの予備を持つようになった訳

マサさん撮影のイルカ
 
1997年12月25日
 
 サイパンでのボートダイビングは、2本潜って戻ってくるというパターンが一般的です。私は、1ダイブで1本のフィルムを使いますから、カメラの中に1本、そして2本目のダイビングのためのフィルムを1本を持って、ボートに乗り込んでいました。
 しかし、この日以来、ボートダイビングの時には、もう1本、予備のフィルムを持って行くようになりました。

 そうするようになった訳は・・・
 この日のポイントはテニアン。海峡に入る前にイルカの群が見えました。最初は、遠くにいたイルカの群は、私達の乗ったボートに近づいてきてくれました。
 イルカが、ボートの周りで遊び始めると、マサさんの「カメラ」の声がしたので、私のカメラを渡しました。イルカたちは、ボートの近くでジャンプしたり、ボートと一緒に泳いでくれたり、かなり長い間ボートの周りで遊んでいました。
 ハウジングに入ったカメラは、陸上ではかなりの重さです。それでも、マサさんは、ずっとカメラを構えていました。
 イルカの群が去ってしまってから、マサさんは照れくさそうに「フィルムの予備って持ってきてるよね」と私に言いました。そうです、36枚撮りのフィルム1本を全部、イルカの群で使い切ってしまったのでした。

 この日以来、たとえ2本しか潜らなくても、予備のフィルムをボートに持ち込むようにしています。

 この時のイルカの写真は、サイパン島やテニアン島をバックにした群や、ボートのすぐ近くを泳いでいる姿など、マサさんならではの素敵な写真がたくさんあります。

 現在は、マサさんはデジカメを持っているので、もう、こんなことは起こらないでしょうけど・・・。
<2000年11月12日 掲載>
Log memories に戻る