ハラボー

ハラボー


 このページは2003年5月23日に亡くなった、私たちの大切な友人である、”ハラボー”こと原田恭典さんへの思いを綴ったページです。
 ハラボーの40歳の誕生日にあたる、2003年6月16日にアップさせていただきます。このページをご覧になった方で、「私も、ハラボーとのこんな思い出がある」という方がいらっしゃいましたら、メールで原稿をいただけると幸いです。

 なお、このページは、ご遺族の方にご了解をいただいた上で作成しております。また、病院での様子などをお兄様よりメールをいただいています。転送のお許しをいただいていますので、ご希望があればメールでお申し付けください。


 ご冥福を、心よりお祈りします。(合掌)


 私にとって、ハラボーとの一番の思い出深いダイビングは、「グロットの水中イルカ」です。この時のビデオは、ハラボーに送っていただいていましたが、その一部をアップします。
 VHSのテープから再キャプチャーしたもので、あまり鮮明ではありませんが、ご覧下さい。

「グロットの水中イルカ」ビデオ

Windows Media Player用のファイルです。
右クリックしていただき「対象をファイルに保存」を選択していただいた方が,早く見られると思います。
ファイルサイズが2065KBもありますので,ご注意ください。

<5/23/04 追記>



 そもそものハラボーとの出会いは、十数年前のことになります。自分が以前、勤務していたサイパンのダイビングショップMOCの頃でした。当時常連さんだった竜さん(ハラボーの友人)と共にサイパンを訪れ、MOCの扉をたたき、ダイビングのライセンスコースに参加しました。良い成績で通常通りライセンスコースを終了ました。その時は、滞在の日程が長く、残りが5日間ほどありましたが、残りの日程全てをファンダイブに費やしていました。「お〜、はまったねハラボー!」という感じでした。

 その後も、ダイビングとサイパンにはまったハラボーは、リピーターになっていきました。あっちゃんとの出会いも、そんな折のサイパンでした。彼女がファンダイブで潜りに来た時、レミントンクラブでの飲み会に誘いました。そしてハラボーは、あっちゃんが泊まるハイアットホテルまで送っていきました。それが2人の出会いでした。その後は、あっちゃんと結婚です。

 そんな感じで、ハラボーと自分はどんどん親しくなっていきました。10年前に、自分が独立してショップを一人で始めて心細かった時も励ましてくれました。
 貧乏ショップだったので、ハラボーは廃材でテーブルを作ってくれたり、棚を作ってくれたり、ショップを移転するときには、引越しを手伝ってくれたりと、もう友人としての付き合いになっていました。ハラボーの人柄で他の常連さん達とも友人のような付き合いが生まれ、楽しさ、感動などみんなで感じていけるようなショップになりました。

 ハラボーと自分は、二人とも何よりお酒が好きで、サイパン来島中は、毎晩のように飲み歩いていたのを思い出します。彼はどんなに遅くまでお酒を飲んでも、次の日のダイビングには必ず参加するくらい海が好きだった男です。

 ハラボーとの出会い、あっちゃんとの出会い、飲んだくれたこと、手伝ってもらったこと助けてもらったこと、元気を与えてくれたこと、海の中で互いに感動したこと、まりんの誕生、ハラボーは酔っ払うと帰り道が長くなること、日本へ帰った時に新宿で一緒にトンカツ食べたこと、思い出はまだまだ沢山です。

 今は感謝の気持ちで一杯です。ハラボーありがとう、自分はハラボーが好きだったサイパンに生涯暮らしていきますよ。 

 MASA DIVE マサ


他のショップの常連のお客さん。ただ、それだけの存在ではなかったような気がします。
ビーチポイントの駐車場で、真っ黒のウェットスーツを着た、サラサラヘアーの後姿。
あっハラボーが来てる。サイパンに来ると、決って一度は店に寄ってくれて、「何度か寄ってみたけど、いなかったから。」と、 会えるまで、足を運んでくれていました。
マサダイブの開店当初に何度か会ってから、挨拶をして話しをするようになりました。

本当はハラボーの本名知らないですよ。結婚してもパパになっても、いつまでもハラボーで、苗字で呼ぶ事なんてなかったから。

車で走っていると、ちょっと短めのT-シャツに黒の短めのスパッツはいたハラボーの姿を発見したりして。店に寄ってくれた時は、世間話して海の話していただけですが、「頑張ってね。」っていつも言葉にださなくても、励ましていてくれたんですよね。
自分のショップのお客さんだけではなく、ハラボーみたいな他のショップのお客さんにも、励まされていたから、頑張れたんだって。大切なサイパンの仲間を失ってしまった・・・

でも、サイパンの仲間は皆、ハラボーを忘れない。真っ黒なウェットスーツを見るたび、さらさらの髪の男性を見るたびに、私はハラボーを思い出すでしょう。

今まで、励ましてくれてありがとう。これからもどこかで「頑張れよー。」って子供みたいに笑いながら、応援してくださいねハラボー。
Mermaid Saipan さとこ

 ハラボーで思い出すのは、いつも酔っ払って少しがに股でフラフラ歩いてた姿と、顔をくしゃくしゃにして笑いながらダイビングについて語っていた姿です。
 ハラボーとの最初の出会いは私がまだダイマストレーニングの時でした。ハラボーは「自分もダイビングの仕事がしたかったけど、出来ないからがんばれよ!!」っていつも励まして応援してくれました。私は周りの人たちの応援があったから、現在までダイビングの仕事がやってこれたんだと感謝しています。

 グロットで水中イルカに遭遇した時、大興奮で上がって来たとき満面の笑顔で「やったね〜!!!」と大はしゃぎしていた姿が今でも目に焼きついてます。グロット大好きだったハラボーの魂は、今もグロットで大はしゃぎしているような気がします。

元 MASA DIVE staff hisami



忘れないよ絶対!!

 私の部屋には、たくさんの思い出の写真が飾ってあります。(ダイブショップみたいに?)その中には、世界一幸せそうなハラボーの顔も・・・。今、思い出してもハラボーとは楽しい時間を過ごしていたな〜と、改めて感じています。
 お酒を飲みながら、その日に潜った時の話をすれば「ナポちゃん、いたね〜。もう、ナポちゃんと呼んで!」とか、イルカを見れば「ドルフィンちゃんと呼んで!」とか、とにかく、お腹がよじれるほど笑わせてもらいました。もちろん、海の中でも・・・。
 ビデオを持って潜っていたハラボーは、一緒に潜った人たちをビデオに撮ってくれたりしてたんです。私は、「あー、ビデオは自分のことは撮れないのかぁ〜」と思っていたら、突然、持っていたビデオを岩場に固定して、カメラの前で踊り出したの!!レギュレーターを吹き出しそうな勢いで笑わせてもらいました!横井夫妻の結婚式の時も、ビデオ係はハラボーだったね。だいぶ後になってから、うちにも送ってくれました。(^o^)
 その後、ハラボーとあっちゃんの愛娘、万鈴が産まれ、想像通りのパパになった時、私が働いていたデパートまで、3人で来てくれたんです。その時、一緒にお昼ご飯を食べに行って、私が万鈴とふざけていると「おっ!?万鈴、ちぐさのこと気に入ったみたい!」なんて言ってくれました。万鈴の笑顔はハラボーにそっくりで、とてもかわいい女の子です。「大きくなったら、あっちゃんに似るといいねぇ〜」なんて冗談を言ったり(半分、本心だけど)、そんな楽しい時間を、昨日の事のように覚えています。
 東京で、一緒に飲んだ時は、いつも人のことを誉めてくれて、いつも笑顔で、海が大好きで、家族を愛してて・・・。私にとって、自慢できる友達の一人でした。そんなハラボーが、今いないなんてこんな悲しいことが、まだ信じられないでいます。まだまだ、たくさんの思い出がありますが、これからは、心の中で大切に残っていくと信じています。そして、みんなの心の中で、ハラボーは生きていくんだと・・・。
 「ハラボー!楽しい時間をありがとう!!忘れないよ!絶対!!」

ちぐさ


 私もハラボーにはいっぱい遊んでもらいました。
 ハラボーの思い出は”笑顔”。もうこの一言に尽きるでしょう・・・。あの笑顔に会えないと思うと、辛いですね・・・。
 心底、海の好きな人でしたね。飲み屋でいっぱい海の話して、ハラボーの決め台詞「やっぱ、海はいいよね!」でお開きになっていたのが昨日の事のようです。
 そして何故かベロベロに酔うと、私の家に電話がかかってきて、自分が今一緒に飲んでいる友人と私を付き合わせようとしてました(^ ^;)。2〜3人いましたよ。私とくっつけられそうになった不幸な人が・・・。これだけはもうず〜っと謎のままなんですね。

mito



はらぼー、ありがとう

大切な大切なお友達、はらぼーが空の上に旅立ってもうすぐ3週間になります。
知らせを聞いたときは、震えが止まらず、涙も止まりませんでした。
そんなんウソでしょ、ウソにきまってるやん・・・
私の中では、今でも現実として受け入れられないでいるのかもしれません。

はらぼーが残してくれたたくさんの思い出の中から、いくつかを文章にしてみたいと思います。

<フォービリン>
サイパンでのある日のダイビング、朝マサさんが「すごいポイントがあるんだけど行ってみる?」、その日ははらぼーと横井さんと私、そしてマサさんでした。
私達3人は「行く、行く!!」
そして初めてフォービリンに連れていってもらいました。激流の中マサさんが指さした先には超でっかいナポレオン。その指さしが8回続き、その度に横からはらぼーの「うぉ〜!」「ぎょえ〜!」「うぁ〜〜!!」の声が聞こえていました。ボートに上がってからも私達の興奮はさめず、その時のはらぼーの声と、最高だね!と言ったうれしそうな顔は忘れられません。ほんと最高のダイビングを一緒にできて、よかった。

<台風のグロット見学>
サイパンに台風がきて、何日間か潜れない日がありました。
「グロットはどんなふうになっているんだろう」ということになりマサさんに連れていってもらった時のことです。
ブリーフィングが行われる場所から海を見ると、天然プールには信じられないくらいのでっかい波がきていました。エントリー岩なんて、全く見えません。
下におりてみよう、ということになり、階段を降りていくと、階段の所にまで波は押し寄せていました。
はらぼーはビデオを持っていっていて、その波の様子を撮っていましたが急に「ねえさん、行ける所まで階段降りていって!」というので、私は大丈夫だよ〜、と言いながら降りていきました。
その時、すごい波が来て、私は「ぎゃー!」と言いながらかけ上りました。はらぼーは、私があわてるところをビデオに撮りながら、大笑いをしていました。子どもみたいにはしゃいでいました。
ダイビングができない日も、はらぼーは楽しませてくれました。

<千鳥足>
マサダイブがオープンした当初は、今の場所から少し離れた場所にショップがありました。マサさんはそこに住んでいたので、みんなで毎晩そこで夜中まで飲んでしゃべって大騒ぎしていました。
そして夜中にそれぞれ泊まっているホテルに帰るのですが、帰る方向が同じだったので、よくはらぼーと一緒に帰りました。
しっかり歩けば10分ほどで帰れるのですが、酔っ払い状態のはらぼーは、ふらふら千鳥足・・・。道中2回ほど「おしっこしてくる」といって寄り道。そしてまた千鳥足・・・思いっきり笑っちゃいました!
私の泊まっていたホテルのほうが近かったので、「ここからまっすぐ帰ってね」と言うと「大丈夫、大丈夫!」と言いながら、はらぼーは自分のホテルに向かって歩いていきました。もちろん千鳥足で・・・
ちゃんと帰れたかどうかは心配でしたが、次の日の朝には、時間通りショップに来ていました。
お酒の席でも、はらぼーは楽しませてくれました。

<東京ディズニーランド>
何年も前のことになりますが、夏休みにサイパンではらぼーに相談をもちかけた時のことです。
サイパンでの休日が終わったら、私は自分が指導しているチームの小学生の子ども達を連れて、東京にミニバスケットボールの試合にいく仕事がありました。試合の前日に東京へ行って、まずディズニーランドへ行き、夜宿泊先の成田へ行くことになっていました。
「新幹線で東京まで行って、電車で舞浜までいくねんけど、子ども達、荷物が大きくて大変やから、舞浜から成田まで、赤帽さんに荷物運んでもらおうと思ってるんやけど、知り合いにいない?」
「そんなことにお金つかわなくても、俺がいってやるよ」
はらぼーは間髪いれずにそう言ってくれました。
そして当日、新幹線おりて、舞浜まで行く電車に乗るまでたくさん歩いて、かなり疲れて舞浜の駅に降り立った子ども達を待っていてくれたのは、はらぼーのやさしい笑顔でした。
おかげさまで、子ども達は思いっきりディズニーランドを楽しみ、買ったおみやげだけを持って、満員電車で成田に向かいました。これで大きな荷物があったら、大変なことになっていました。
成田のホテルに着くと、子ども達の大きな荷物が並べて置いてありました。フロントの人にお礼を言うと「持ってきた原田さんが、車から全部おろしてここに並べてくれたんですよ」と言われました。
仕事はアレンジした、と言っていましたが、もしかしたら仕事を休んで私達のために来てくれたのかもしれません。

余談になりますが、はらぼーの訃報を聞いた5月23日の前の土曜日、5月17日に、その時にお世話になった子ども(今は高校生になってます)が二人、バスケットのクラスにふらっと来ました。4年ぶりぐらいです。
「どうしたん?」って聞くと、「なんか行ってみよか、ということになってん」と言いました。東京に行ったときの話しになり、「おもしろい人に荷物を運んでもらった」と、はらぼーのことをしっかり覚えていました。
そんなことがあった矢先、悲しい知らせ。
今思えば、あの二人が来たことは、不思議な出来事でした。
はらぼーには日本でもお世話になりました。

ここ何年かは「今年こそは一緒にダイビングしたいね」と年賀状をとりかわすだけで、その願いもかなわないままとなってしまいました。
もっといっぱい一緒に潜りたかったよ。
楽しいダイビングを一緒にしたかったよ。
海の話をしながら夜中まで飲みたかったよ。
一生の友達だって言ってくれてたんだってね、あっちゃんに聞きました。これからも、あっちゃんやまりんちゃんを通して、はらぼーともつながっていられるよね。
私はこれからも、1本1本を大切に潜っていきたいと思います。
空の上から見守っていてくださいね。

はらぼー、ほんとにほんとにありがとう。

2003年6月11日 こうのねえさんより


 私のホームページのあちらこちらに、ハラボーと一緒に潜った時の思い出があります。
 ハラボーがビデオを始めたきっかけになった、グロットで水中イルカを見た時も、私は一緒に潜っていました。あのビデオに映っている、「ビデオ買って、お願い」と言っているハラボーの姿も、我が家には残っていますし、ビデオを見なくても、その姿は目の前に浮かんできます。周りにいる私たちを楽しくさせてくれる人でした。

 思い返してみると、ハラボーと会ったのは、97年の夏のサイパンが最後。私たちの結婚式の時でした。結婚式、夜のBBQ、その後のオブジャンで水中でお祝いしてもらった時の様子も、ハラボーにビデオを撮ってもらいました。今でも、私たち夫婦の宝物です。改めて、結婚式の写真を見てみると、どの写真もハラボーは、笑顔・笑顔・笑顔・・・。
 お目にかかったのは、その97年の夏が最後。電話でお話したのも、私のホームページで、ハラボーの名前を書いていいかどうかお伺いしたのが最後です。
 ダイバー友達とは、日本でなかなか会えなくても、いつかはサイパンで会えると思っています。ハラボーとも、またサイパンで一緒に潜れるような気がしてなりません。

TSUNE & JUNE


ビデオを撮るハラボー
ビデオ撮影中
オブジャンにて、97年夏


ねえさん ハラボー ちぐ
左から、ねえさん、ハラボー、ちぐ。
このメンバーで潜るのは、最高に楽しかった・・・。
97年夏

Log memories に戻る